Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

of

UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 1 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 2 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 3 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 4 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 5 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 6 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 7 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 8 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 9 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 10 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 11 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 12 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 13 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 14 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 15 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 16 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 17 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 18 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 19 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 20 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 21 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 22 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 23 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 24 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 25 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 26 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 27 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 28 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 29 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 30 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 31 UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote Slide 32
Upcoming SlideShare
Experience Design Out of Screen:これからのエクスペリエンスデザイナーの生きる道@UX TOKYO Jam
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

64 Likes

Share

Download to read offline

UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote

Download to read offline

This is the closing keynote of UX TOKYO Jam 2014 by Atsushi Hasegawa.

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

UX TOKYO Jam 2014 Closing Keynote

  1. 1. T H E N AT U R E O F U X U X T O K Y O J A M 2 0 1 4 C L O S I N G K E Y N O T E A T S U S H I H A S E G A WA , P H . D . / C O N C E N T, I N C .
  2. 2. http://www.underconcept.com/blog/archives/959
  3. 3. 1 . U I / U X 言 う な
  4. 4. UX白書 日本語版
 http://site.hcdvalue.org/docs
  5. 5. 頻 度 が 低 く 、 か つ 大 事 の 前 の 小 事 だ か ら 、 あ ま り 気 に な ら な い 。 U X 観 点 か ら の U I
  6. 6. 毎 日 使 え ば 、 
 U I に は 慣 れ る U X 観 点 か ら の U I
  7. 7. そ も そ も 券 売 機 で チ ケ ッ ト 発 券 す る 必 要 が あ る の か? 本 当 の U X 観 点
  8. 8. – AT S U S H I H A S E G A WA , 2 0 1 4 “荷物が30分で届くなら、
 UIがどんなにひどくても、
 そのサービスには価値があるだろう”
  9. 9. http://www.amazon.com/b?node=8037720011
  10. 10. U I = 手 段 U X = 結 果
  11. 11. 「 踊 る ク マ 」 問 題
  12. 12. 踊 る ク マ 問 題 • クマが踊っているだけで
 価値がある時代 • どんな踊りなのかが
 問われる時代 ← イマココ アラン・クーパー 著/山形浩生 訳/翔泳社
  13. 13. 2 . 時 代 が 追 い つ い た
  14. 14. A P P L E U X A R C H I T E C T L A B • ドナルド・ノーマンが AppleのUX Architectとし て就任 • 組織横断的なUX改善アプ ローチを推進 テリー・ウィノグラード 編著/瀧口範子 訳/
 ピアソン・エデュケーション
  15. 15. – J E F F R E Y P R E S T O N B E Z O S Q: キンドル・ファイアが好調な理由は
 なんでしょうか? A: キンドル・ファイアがただのデバイスでは
 なく、サービスだからです。
  16. 16. J E F F B E Z O S , C E O O F A M A Z O N • Q: 米国ではカラー液晶を採用したタブレット端末「キン ドル・ファイア」がかなり売れているようですが。好調の 理由は何でしょうか? ! • ベゾス:キンドル・ファイアがただのデバイスではなく、 サービスだからです。エンド・ツー・エンドのサービスで あることで、ほかのタブレット端末と差別化できています • 私の個人的な意見ですが、ただデバイスを作っただけで顧 客が関心を持つとは思えない。顧客が求めていること、顧 客がしようとしていることは何か。書籍を買い、音楽を買 い、映画やテレビ番組、アプリを買うことです。そのため にエコシステムを構築し、そのエコシステムにデバイスを シームレスに融合させる。顧客が簡単に見たいコンテンツ を買って見られる環境を作るということです。それを実現 したのがキンドル・ファイアなのです。 「日本での電子書籍事業開始は年内早期に発表する」 米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOインタビュー|日経ビジネスONLINE
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120427/231477/?rt=nocnt
  17. 17. – T H E O D O R E L E V I T T, 1 9 6 8 「顧客は、“ドリル”が欲しいのではなく、
 “ねじの穴”が欲しいのだ。」
  18. 18. 1900-1960 Age of Manufacturing
 「製造」の時代 1960-1990 Age of Distribution
 「流通」の時代 1990-2010 Age of Information
 「情報」の時代 2010- Age of the Customer
 「顧客」の時代 Kerry  Bodine,  Keynote  of  Service  Design  Network  Conference  2011
  19. 19. – C L AY T O N M . C H R I S T E N S E N “会社が失敗するのは、経営がまずかったからでは なく、やるべきだと従来言われてきたことを
 きちんとやったからである” 沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか/ ケイン岩谷ゆかり 著/井口耕二 訳
  20. 20. ア ップル の 
 U X 戦 略 • ジョブスは、アップルに戻ると、 会社を創造的破壊者に戻そうとす る。(中略) • 市場調査やアンケート調査もやめ た。その理由として、ジョブスは、 ヘンリー・フォードの言葉、「な にが欲しいかと顧客にたずねてい たら、『足が速い馬』と言われた はずだ」を挙げた。 • その代わりに推進したのは、ユー ザーの使い方を詳しく観察して参 考にするという方法だ。 沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか/ ケイン岩谷ゆかり 著/井口耕二 訳/日経BP社
  21. 21. グッズ・ ドミナント・ ロジック サービス・ ドミナント・ ロジック 概念 顧客へ提供されるのは、 製造された「もの」自体 顧客に提供されるのは、 すべて「サービス」であ り、「もの」は構成要素 のひとつ 顧客への
 提供価値 交換価値 サービス全体の利用価値 顧客と事業者との関係性 http://sdlogic.net/
  22. 22. U X D E S I G N F O R 
 C O R P O R AT E S T R AT E G Y 事業
 戦略 UX デザイン 事業 戦略 UX デザイン 従来 現在
  23. 23. M A I L C H I M P • メールマーケティングの ASP • プロモーション、サービス 開発、アフターサービスで 同じ顧客ペルソナを利用 • ペルソナ運用にはEvernote を利用
  24. 24. U X は 手 段 で は な く 、 結 果
  25. 25. U X は ビ ジ ネ ス そ の も の
  26. 26. U X デ ザイナ が 未 来 を つ くる
  27. 27. T H A N K Y O U Twitter: @ahaseg http://www.underconcept.com/blog/ http://www.slideshare.net/atsushi
  • mihokomori23

    Oct. 13, 2019
  • ayamtsd

    Jan. 10, 2016
  • hiroshikuroiwa

    Dec. 20, 2015
  • tzuyoh

    Dec. 13, 2015
  • leafhidejob

    Nov. 21, 2015
  • ShioriMatsuyama

    Aug. 10, 2015
  • momoko_k

    Jul. 6, 2015
  • nobynoby

    May. 15, 2015
  • yanmo

    Apr. 21, 2015
  • chieishii16

    Apr. 9, 2015
  • akainuma

    Mar. 19, 2015
  • charaku

    Feb. 16, 2015
  • Kohji_Satoh

    Jan. 20, 2015
  • takoba_

    Nov. 12, 2014
  • junichisuzuki1

    Oct. 13, 2014
  • FuyukiTakebayashi

    Oct. 8, 2014
  • makotoohmori

    Sep. 10, 2014
  • naoswave

    Aug. 27, 2014
  • otachan

    Aug. 25, 2014
  • yamasugewataru

    Aug. 19, 2014

This is the closing keynote of UX TOKYO Jam 2014 by Atsushi Hasegawa.

Views

Total views

24,874

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

19,213

Actions

Downloads

65

Shares

0

Comments

0

Likes

64

×