Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
ER/ICUの薬剤師
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

124

Share

Download to read offline

カテコラミン類 基本の『き』

Download to read offline

薬剤師(看護師)1-2年目対象のカテコラミン類(ER使用薬剤)の基本

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

カテコラミン類 基本の『き』

  1. 1. カテコラミン類 基本の”き” 薬剤師/看護師 1-2年目 対象 薬剤師 佐野
  2. 2. CPRの基本 • CPRは2分サイクル • 2分毎に波形確認 • 2分毎にCPRを交代 • 5cm以上、6cm未満の深さ • 4分ごとにアドレナリン投与 • ショック適応であれば実施
  3. 3. ACLS https://youtu.be/90q19HTvm28?t=1m15s 患者は 背部痛と胃部不快感を訴えて、救急外来を受診した女性 看護師の訪室時に徐脈となり、意識消失/Vfとなった すぐさまCPR開始およびコードブルーを発令した *英字幕です…
  4. 4. ERで使用する薬剤 • アドレナリン : ボスミン エピネフリン • ドパミン : イノバン ドパミンキット • ドブタミン : ドブポン • ノルアドレナリン : ノルアドリナリン • フェニレフリン : ネオシネジン • イソプレナリン : プロタノール
  5. 5. β作用 α作用 強心薬 血管収縮薬 β1=心拍数⇑ 心収縮力⇑ β2=血管/気管平滑筋⇓ α1=血管平滑筋⇑ α2=血管平滑筋⇑
  6. 6. β作用 α作用 強心薬 血管収縮薬
  7. 7. β作用 α作用 合成カテコラミン 内因性カテコラミン 合成
 カテコラミン 強心薬 血管収縮薬
  8. 8. β作用 α作用 強心薬 血管収縮薬 合成カテコラミン 純粋なβ作動薬
 1回拍出量⇑心拍数⇑ = 心拍出量⇑⇑ 1A/10mL生食:1mLづつ使用 *あまり使用されない プロタノール
  9. 9. β作用 α作用 合成カテコラミン 強心薬 血管収縮薬 1回拍出量のみ増加
 α血管収縮+β2血管拡張➾打ち消し 心拍数/血圧は変わらない 血圧が維持されていれば
 3-5γで使用する *DOAとの併用は血圧を維持するため DOB
  10. 10. β作用 α作用 内因性カテコラミン 強心薬 血管収縮薬 投与速度で作用が変わる
 <5γ:腎血流量⇑ 5-10γ:心拍出量⇑血管抵抗⇑ 10γ<:心拍出量⇑血管抵抗⇑⇑ 血圧維持目的にのみ使用
 ショックのときには使用しない DOA
  11. 11. β作用 α作用 内因性カテコラミン 強心薬 血管収縮薬 蘇生行為のときに
 1回1A 3-4分ごと
 波形確認が2分毎のため
 通常は4分毎に使用される 持続投与はまれ
 メイロンのルートでは力価⇓ アドレナリン
  12. 12. β作用 α作用 内因性カテコラミン 強心薬 血管収縮薬 強力な血管収縮薬
 ショックのときに使用する できるかぎりCVルートから投与 3A/50mL : 0.04-0.3γ 長期投与は手指足趾の壊死をおこす ノルアドリナリン
  13. 13. • 末梢からNAdを0.2γで投与 • 前腕の一部で血色不良、冷 感が強い状態 • 橈側皮静脈… • 抹消ルートからでも投与で きるが、出来る限り太い血 管を使用する
  14. 14. β作用 α作用 合成
 カテコラミン 強心薬 血管収縮薬 超強力な血管収縮薬
 神経学的疾患、麻酔薬で血管が開いたときに使用する OPE時のみ使用 1A/10mL:1mLずつ投与 ネオシネジン
  15. 15. 作用受容体 循環の変化 T1/2
 (min)薬品名 α β1 β2 HR MAP CO SVR プロタノール +++ +++ ++ =/+ ++ =/- 2 DOB + +++ ++ + =/- ++ =/- 2 DOA <5γ + + + = = = = 9DOA 5-10γ ++ ++ + + + + + DOA >10γ +++ ++ + ++ ++ ++ アドレナリン +++ ++ + ++ + ++ + 1 ノルアドレナリン +++ + + =/+ ++ +/- ++ 1 ネオシネジン +++ = ++ - ++ 3 HR : 心拍数 MAP : 平均動脈圧 CO : 心拍出量 SVR : 体血管抵抗
  16. 16. ドブタミン
  17. 17. アミオダロン 心室細動 心室粗動(脈なし)
  18. 18. アミオダロン • 電気的除細動抵抗性の心室細動あるいは無脈 性心室頻拍による心停止 の場合 • 2A(6mL)/5%Glu20mL で投与可能
 骨髄路OK! • さらに Vf もしくは 脈なしVT が継続する場合 • 1A(3mL)/5%Glu20mL を追加で投与
  19. 19. γガンマの計算 γ = μg/kg/min 1分間に体重あたりどれくらいの量が投与されるか
  20. 20. 0.3%製剤を考える • 0.3% = 3mg/mL 患者の体重 = 50kg • これを 5mL/hr で投与すると • γ = 3000μg/mL ÷ 50kg × 5mL/hr ÷ 60min/hr
 = 5γ • 0.3%製剤を50kgの体重に投与すると、
 投与速度 = γ となる
  21. 21. 0.3%製剤を考える • 患者の体重 = 60kg になったら… • 体重 = 60kg = 50kg × 1.2 • 5γ = 5mL/h × 1.2 = 6mL/h • 体重の増減は50kgを中心に考えれば良い
  22. 22. ノルアドレナリンは? • 3A/50mL = 3mg/50mL = 60μg/mL 体重50kg • 5mL/hr(体重の1/10)で考える • γ = 60μg/mL ÷ 50kg × 5mL/hr ÷ 60min/hr
 = 0.1γ • 3mg/50mLの組成は、
 体重の1/10の速度で0.1γ
  23. 23. 5A/50mLで考えると • 5A/50mL = 5mg/50mL = 100μg/mL • 濃度は 3A/50mL (60μg/mL)の 5/3 倍 • 投与速度は 3A/50mL の 3/5 倍にすればOK • γ = 100μg/mL ÷ 50kg × 3mL/h ÷ 60min/h
 = 0.1γ • 組成が異なる場合は、3A/50mL から考えると簡単
  24. 24. まとめ • 心肺蘇生時 ➾ アドレナリン • 敗血症性ショック ➾ ノルアドレナリン • 心収縮力UP ➾ ドブタミン • 麻酔時に使用 ➾ ネオシネジン
  • ssuser14735b

    Aug. 16, 2021
  • ssuser43c179

    Aug. 14, 2021
  • ssuser340304

    Aug. 6, 2021
  • ssuserfd8c90

    Aug. 3, 2021
  • kazumamorita1

    Jul. 30, 2021
  • ssuser0ff5d3

    Jul. 10, 2021
  • ssuser40d0c5

    Jun. 21, 2021
  • akihironojiri

    Jun. 20, 2021
  • YudaiKashiwagura

    Jun. 8, 2021
  • ssuser287611

    Jun. 6, 2021
  • ssuser988308

    Jun. 6, 2021
  • ssuser041120

    May. 23, 2021
  • ChihiroHane

    May. 10, 2021
  • ShunsukeUeno1

    Apr. 18, 2021
  • YusukeOhkubo

    Apr. 15, 2021
  • ssuser848e651

    Apr. 2, 2021
  • TakeshiHasukawa

    Mar. 14, 2021
  • ssuser54852e1

    Feb. 28, 2021
  • ssuser40c1fe

    Feb. 1, 2021
  • kaoriEbinuma

    Jan. 31, 2021

薬剤師(看護師)1-2年目対象のカテコラミン類(ER使用薬剤)の基本

Views

Total views

97,587

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

244

Actions

Downloads

292

Shares

0

Comments

0

Likes

124

×