Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

68

Share

Download to read offline

血液培養についてまとめておく

Download to read offline

血液培養で疑問に思う、なぜ?なに?をまとめています。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

血液培養についてまとめておく

  1. 1. 血液培養について
 まとめておく 薬剤師 佐野
  2. 2. ご覧いただき
 ありがとうございます! • 血培を取るときに気になることをまとめています。 • このスライドは2017年11月に滋賀県病院薬剤師会に 講師依頼され、講演したスライドから抜粋したもの です。症例を交えた実際の講演スライドは公開して いません。 • 元が講演スライドのため、スライド内の説明が不足 しています。詳細については参考文献を御覧くださ い。
  3. 3. 血液培養をとる患者 ① 菌血症が疑われる ② 敗血症の可能性がある(qSOFA≧2) ③ 悪寒戦慄がある ④ 高体温 38.3℃< 低体温 <36.0℃
  4. 4. qSOFA ≧ 2 意識変化 呼吸増加 血圧低下 22回以上 100mmHg以下普段と違う様子 Christopher WS, JAMA 2016; 315: 762 感染症による死亡率 3-14倍へ *もともとはGCS≦13
  5. 5. 悪寒戦慄 Tokuda Y, Am J Med 2005; 118: 1417 (((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタ Shaking Chills 厚手の毛布をかぶっても全身の震えが止まらない!
  6. 6. 悪寒 (((((( ;゚ρ゚)))))ガクガクブルブル Moderate Chills 厚手の毛布をかぶりたくなる寒気 Tokuda Y, Am J Med 2005; 118: 1417
  7. 7. 寒気 (((( ; ´Д`)))ガクガク Mild Chills 上着を羽織りたくなる寒さ Tokuda Y, Am J Med 2005; 118: 1417
  8. 8. 悪寒と菌血症 悪寒の程度 感度 特異度 LR(+) (((((((( ;゚Д゚)))))))
 ガクガクブルブルガタガタ 悪寒戦慄 45.0 90.3 4.65 (((((( ;゚ρ゚)))))
 ガクガクブルブル 悪寒 75.0 72.2 2.70 (((( ; ´Д`)))
 ガクガク 寒気 87.5 51.6 1.81 Tokuda Y, Am J Med 2005; 118: 1417
  9. 9. 体温と菌血症 体温 LR(+) LR(-) ≥40 0.3 1.1 ≥39 1.1 0.95 ≥38.5 1.4 0.50 ≥38.0 1.9 0.54 Coburn B, JAMA 2012; 308: 502
  10. 10. なぜ血培が必要か • 感染源の特定 を補助 • 血流感染の 起因菌を特定 • 適切な抗菌薬療法を促進 European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ESCMID) guidelines, 2012
  11. 11. 感染症毎の菌血症率 リスク 疾患 確率 大 敗血症性ショック 69% 細菌性髄膜炎 53% 重症敗血症 38% 中 腎盂腎炎 19-25% 小 入院が必要な発熱患者 13% 市中肺炎 7% 蜂窩織炎 2% 外来患者 2% Coburn B, JAMA 2012; 308: 502
  12. 12. 感染源別の血培陽性菌 IVカテ 泌尿器 腹腔内 骨/関節 S.aureus CNS E.coli
 K.pneumoniae その他 Candida 腸球菌 嫌気性菌 S.aureus Pien BC, Am J Med 2010; 123: 819 50% 100% E.coli
 K.pneumoniae
  13. 13. いつ血培をとるのか • 抗菌薬を投与する前に • 悪寒戦慄/発熱の1時間以内に • 血培採取24時間後も患者状態が変化ない時
  14. 14. “この時!” という臨床研究は ない 血培をとるタイミング 1950年代 すでに“悪寒/発熱時”と記載 Bennett IL, Yale J Biol Med 1954; 25: 241 Eliakim-Raz N, Clin Microbiol Infect 2015; 21: 295 実は…
  15. 15. どこから血培をとるのか • 動脈 より 静脈 • 鼠径 は 避ける • 挿入から48時間を経過したルート
 ➾ ガイドワイヤのルーメンは 避ける Mallen MS, Am Heart J 1947; 33: 692 Levin PD, Chest 2013; 143: 640
  16. 16. 血培は”量”が命 • 20mL ➾ 40mL +19% • 40mL ➾ 60mL +10% • 血培ボトルの8割以上を入れること Li J, J Clin Microbiol 1994; 32: 2829 陽性率を上げるために 40mL 以上
  17. 17. 血培の”セット”とは 好気ボトル 嫌気ボトル 10mL 血液 10mL 血液
  18. 18. なぜ2セット提出なのか • 1セット ➾ 73.1%
 2セット ➾ 89.7%
 3セット ➾ 98.2%
 4セット ➾ 99.8% • 1セットでは菌血症を見逃す可能性がある A Lee, J Clin Microbiol 2007; 45: 3546 感度
  19. 19. 血液培養で“重要”なこと • 発熱の前後で感度はあまり変わらない • 発熱時のルーチンな血培提出は意味がない • それよりも患者の状態変化が重要 Riedel S, J Clin Microbiol 2008; 46: 1381 ① 十分量の血液の採取 ② 適切な培養セットの提出 ③ 厳格な無菌操作
  20. 20. 血培はいつまで培養? • 血液培養は 5日間 で十分 • ブドウ球菌と腸球菌のコンタミは10時間遅い (24hr vs 35hr) • 嫌気性菌(24-40hr)真菌(26-50hr)は起因菌でも 発育まで時間がかかる 仲田, 環境感染誌 2016; 31: 107 Ruiz-Giardin JM, Int J Infet Dis 2015; 41: 6 Cockerill FR, Clin Infect Dis 2004; 38: 1724
  21. 21. 起因菌が陽性になるまでS.aureus CNS E.coli Candidasp. Bourbeau P, J Clin Microbiol 2005; 43: 2506 <24hr <48hr <72hr
  22. 22. 起因菌が陽性になるまでS.aureus CNS E.coli Candidasp. Bourbeau P, J Clin Microbiol 2005; 43: 2506 <24hr <48hr <72hr 起因菌 ➾ 48時間 以内に 94% が陽性 Candida は陽性まで 遅い
  23. 23. 汚染菌との比較 P Bourbeau, J Clin Microbiol 2005; 43: 2506 S.aureus CNS CNS G(+)桿菌 汚染菌 <24hr <48hr <72hr
  24. 24. 汚染菌の陽性にも注意 Bourbeau P, J Clin Microbiol 2005; 43: 2506 -24hr -48hr -72hr 起因菌
 (n=2,609) 74.2% 93.8% 97.5% 汚染菌
 (n=1,099) 40.8% 89.6% 98.2% 24-48時間以内なら 起因菌かも ね… ● ●
  25. 25. 24時間以内の血培結果 起因菌 汚染菌 n=540 n=744 12.7hr 20.6hr 起因菌 は 12時間以内に 陽性 (感度 45.3% 特異度 95%) *中央値 Ruiz-Giardin JM, Int J Infet Dis 2015; 41: 6
  26. 26. つまり… • 血培は 最低でも 5日間 の培養 • 12時間以内の培養陽性 ➾ 起因菌 • ただし24時間以降でも可能性はある!
  27. 27. 採取する時間の間隔 • 1時間以内に2-3セットを採取 • I.E.のような持続する菌血症の場合、
 24時間以内に3セットを採取 • 抗菌薬開始後も効果確認のために
 48-96時間後に採取 ➾ 2セット以上提出 O’Grady NP, Crit Care Med 2008; 36: 1330
  28. 28. どのようにして血培を取るのか ① 採血部位を 洗浄し消毒 する ② 手指消毒をし無菌操作で採血する ③ 40mL以上の血液を 2箇所以上 から採血する ④ 針を変えずに ①嫌気②好気ボトルに接種する 満田(監訳), 血液培養冊子(ビオメリュー)
  29. 29. 複数部位で採血できないとき • 1箇所から 40mL以上 の採血でもOK • それを 2セット以上 に分注する • I.E.の場合には時間を於いて血培を取る • 易感染性や真菌血症のときは別部位から Dargere S, Clin Microbiol Infect 2014; 20: O920
  30. 30. 消毒薬 利点 欠点 推奨状況 ポビドンヨード 持続性 穿刺まで
 時間が必要 穿刺まで時間あり
 ➾習熟度不問 アルコール 即効性
 コスト安い すばやい
 穿刺が必要 穿刺まで時間が
 かけられない
 ➾ベテラン グルコン酸
 クロルヘキシジン
 アルコール 即効性
 +
 持続性 コスト高い さまざまな状況で
 使用可能
 ➾習熟度不問 青木 眞 監修, 臨床に直結する感染症診療のエビデンス: 文光堂: 2008 使用する消毒薬
  31. 31. 汚染菌とみなされる細菌 細菌名 コンタミ率 備考 CNS 62-82% S.lugdunensisは除く Corynebacterium sp 68-96% C.jeikeiumは除く Bacillus sp 68-92% P.acne 84-100% 症例報告もある Viridans Streptococci 32-49% S.mitis, S.anginosus I.E.リスク C.perfringens 77% 皮膚所見がある場合は注意 Hall K, Clin Microbiol Rev 2006; 19: 788
  32. 32. 血培でCNSが出たら • S.lugdunensis は S.aureus と同様に扱う • 2セット以上の血培が提出されている
 ➾ 2セット陽性 + 同一菌種 + 同一感受性
 ➾ IVルートあり
 ➾ 起因菌の可能性 Garcia P, J Med Microbiol 2004; 53: 67 Kim SD, Infect Control Hosp Epidemiol 2000; 21: 123
  33. 33. CRBSI
  34. 34. カテーテル関連血流感染 • CV刺入部の状態
 ➾ 紅斑, 痛み, 腫脹, 膿出 の有無
 ➾ 特異度は高い が 感度は低い • CVは 抜く のか 残す のか
 ➾ 基本的には 抜く Nasia S, Crit Care Med 2002; 30: 2632
  35. 35. CRBSI 感染の経路 皮膚の細菌による汚染 カテーテルハブの汚染 輸液の汚染 他感染巣からの血行伝播 Crnich CJ, Clin Infect Dis 2002; 34: 1232
  36. 36. CRBSI • カテーテル経由で血中に細菌が入り感染 • 皮膚からの血培結果 = CVカテ先培養結果 • カテ内血培陽性 2hr < 皮膚からの血培
 *時間差/定量培養は日本国内では行われていない場合がある Mermel LA, Clin Infect Dis 2009; 49: 1
  37. 37. 培養のとり方 • 末梢静脈 + CVカテ内血培 = 2セット • 上記困難では異なるポートより2セット • CVカテ先端は感染が疑われる時のみに提出 • 血培陽性の場合は陰性となるまで提出 Mermel LA, Clin Infect Dis 2009; 49: 1
  38. 38. すべきこと • 不要な CV/Aライン の抜去 • 血液培養 + カテ内血培 + カテ先培養 • 尿路感染の除外 • 経験的 抗菌薬 ± 抗真菌薬 の投与 Mermel LA, Clin Infect Dis 2009; 49: 1
  39. 39. 血流感染の起因菌 CNS S.aureus Enterococcus Candida E.coli K.pneumoniae P.aeruginosa Enterobacter Serratia A.baumannii 1%2% 4%4%5%6% 9%9% 20% 31% Wisplinghoff H, Clin Infect Dis 2004; 39: 309 n=20,978
  40. 40. 起因菌別の死亡率 CNS S.aureus Enterococcus Candida E.coli K.pneumoniae P.aeruginosa Enterobacter Serratia A.baumannii 34% 27%27% 39% 28% 22% 39% 34% 25% 21% Wisplinghoff H, Clin Infect Dis 2004; 39: 309 n=20,978
  41. 41. 特殊状況での起因菌 • 熱傷 ➾ P.aeruginosa • 透析 ➾ 皮膚常在菌 • 悪性腫瘍 ➾ グラム陰性桿菌 • 中心静脈栄養 ➾ Candida Mermel LA, Clin Infect Dis 2009; 49: 1
  42. 42. 経験的治療 • グラム陽性菌 ➾ MRSAまでカバー
 ➾ VCM or DAP or TEIC (LZDは用いない) • グラム陰性菌 ➾ 緑膿菌までカバー
 ➾ ESBL産生が疑わしい場合はカルバペネム • カンジダ ➾ キャンディン系
 リスク ➾ TPN, 悪性腫瘍, 移植, 定着, 鼠径部CV Mermel LA, Clin Infect Dis 2009; 49: 1
  43. 43. 投与期間 カテ抜去!血液培養陰性確認! S.aureus Candida グラム陰性桿菌 腸球菌 CNS 14日間 7-14日間 5-7日間 非複雑性の場合 Mermel LA, Clin Infect Dis 2009; 49: 1
  44. 44. VCM と TAZ/PIPC 併用 VCM + TAZ/PIPC VCM + CFPM トラフに関係なく早期からAKIのリスク Navalkele B, Clin Infect Dis 2017; 64: 116
  45. 45. ブ菌 腸球菌が血培で 陽性だったら…
  46. 46. S.aureus 陽性! • 死亡率 : 17-24% • 深部感染の合併率 : -37% • I.E. の合併率 : 5-11% ➾ 死亡率 : -39%⇑ • I.E. の精査が重要! S.aureus 菌血症は 危険! Le Moing V, PLoS One 2015; 10: e0127385 Bai AD, Clin Infect DIs 2015; 60: 1451
  47. 47. ブ菌血流感染はバンドルで! 1. 血液培養の陰性化の確認 ➾ 48-96hr以内に再検 2. 早期の感染巣コントロール ➾ カテ抜去/ドレナージ 3. 心臓超音波検査の実施 ➾ リスクのある患者にTEE 4. MSSAには早期にMCIPCの投与 ➾ 国内では CEZ 5. VCM投与量はトラフ値で決定 ➾ 目標15-20μg/mL 6. 治療期間は感染症の合併で決定 ➾ 14-28日間 Lopez-Cortes LE, Clin Infect DIs 2013; 57: 1225 クロキサシリン
  48. 48. 経食道心エコー(TEE) • 心筋/弁/心室等を “経胸壁”よりも詳細 に観察できる https://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/topics/tee/during
  49. 49. 必ずTEEすべきか ① 院内発生の菌血症 ② 4日以内の血培再検が陰性 ③ 心臓内にデバイスがない ④ 血液透析患者でない ⑤ I.E.の臨床症状がない ⑥ 二次的感染巣がない TTE のみでも良いかもしれない Holland TL, JAMA 2014; 312: 1330 ずべてを満たす場合 陰性的中率:93-100%
  50. 50. VIRSTA score 点数 所見等 5 脳 or 末梢の塞栓 髄膜炎 4 心臓内デバイス or I.E.の既往 経静脈的薬物の常用 3 弁膜症の存在 菌血症の持続 ≦ 2pt I.E.に対する 感度:95.8% 陰性的中率:98.8% 点数 所見等 2 化膿性脊椎炎 市中 or 医療関連感染 1 重症敗血症 or ショック CRP > 19mg/dL Sarah T, J Infect 2016; 72: 544
  51. 51. • S.aureus菌血症ではバンドルを利用する • 経胸壁心エコー(TTE)は全例 • 経食道心エコー(TEE)は高リスク患者に • 感受性判明までは VCM or DAP を! S.aureus菌血症は緊急事態!
  52. 52. Enterococcusが血培陽性だったら • Enterococcus菌血症の I.E. の合併は約5% • E.faecalis 86% >> E.faecium 11% • E.faecalis菌血症 でのI.E.合併は 13% • リスク評価に NOVAスコア が有効 Emilio B, Clin Infect Dis 2015; 60: 528
  53. 53. N0VA score 点数 所見等 5 血培 2セット 陽性 4 菌血症の感染源が不明 2 弁疾患の既往 1 心雑音の聴取 < 4pt 感度:97% 陰性的中率:95% Anders D, Clin Infect Dis 2016; 63: 771
  54. 54. Candidaが血培陽性だったら… • Candida による CRBSI は死亡率が高い • Candida 性眼内炎を合併することがある • 血培陽性後、速やかな抗真菌剤開始でも
 眼内炎:1-2% 脈絡網膜炎:2-9% 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014
  55. 55. • 速やかに 抗真菌剤 (キャンディン系)投与 • β-Dグルカンも測定を • 必ず血液培養の陰性化を確認する • 陽性の場合には眼科医へ連絡する Candidaが血培陽性だったら… 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014
  56. 56. 必ず眼科に相談 • 血培確定後、速やかに眼底検査を! • 2週間後まで、1週に1度の眼底検査を! • 上記 3回が最低限 • できれば 退院前に再検が推奨される 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン2014
  • ssuserc527e4

    Sep. 11, 2021
  • NoriSaito1

    Sep. 3, 2021
  • ssuser1cf929

    Jun. 29, 2021
  • YusukeImamura1

    Jun. 22, 2021
  • ssuser24a3c9

    Jun. 20, 2021
  • ssuser287611

    Jun. 6, 2021
  • iriehisayo

    Apr. 25, 2021
  • ShunsukeUeno1

    Apr. 18, 2021
  • nanaki01013

    Apr. 4, 2021
  • TakeshiHasukawa

    Mar. 14, 2021
  • ssuserbc0a12

    Feb. 16, 2021
  • ssuserff3648

    Feb. 10, 2021
  • ssusere83126

    Jul. 27, 2020
  • BunNakatani

    Jun. 15, 2020
  • ssuser3837a2

    May. 13, 2020
  • ssuser18d924

    Apr. 15, 2020
  • yugofukamizu

    Apr. 12, 2020
  • ssuserc09518

    Apr. 4, 2020
  • ssuser45c4051

    Apr. 1, 2020
  • AzusaAoshima

    Mar. 17, 2020

血液培養で疑問に思う、なぜ?なに?をまとめています。

Views

Total views

79,750

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

28

Actions

Downloads

220

Shares

0

Comments

0

Likes

68

×