Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
Dockerイメージの理解とコンテナのライフサイクル
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

128

Share

Download to read offline

Docker基礎+docker0.9, 0.10概要

Download to read offline

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Docker基礎+docker0.9, 0.10概要

  1. 1. Docker基礎 0.9/0.10概要 @mainyaa Image by docker blog
  2. 2. Who ● @mainyaa ● Kazuyuki Mori ● フロントエンドからバックエンドまでやる系エンジニア ● AngualrJSとDocker大好き ● Topgate, Inc. - http://www.topgate.co.jp/ ● Happy New World - http://d.hatena.ne.jp/mainyaa ● 日経ソフトウエア 2014年06月号 でDockerの記事書いてます ○ WindowsでDockerやりたい人向け(ステマ)
  3. 3. Docker? Image by docker blog
  4. 4. デプロイの問題 ● デプロイしてみたら動きませんでした>< ● サーバーごとに違う環境変数、pythonのバー ジョン、ライブラリのバージョン ● 手元では上手くいくが、プロダクションでは転ぶ 場合にどうするか ● ロックインを避けつつスケールしたい
  5. 5. Dockerとは ● オープンソースの次世代仮想化技術 ● アプリケーションを「コンテナ」にパッ ケージング&デプロイ&実行 ● 1回ビルドすればどこでも動く ● Dockerfileさえあればいつでも再現で きる ● Go言語で書かれている
  6. 6. 何を解決するの? ● デプロイ作業をもっと手軽に! ○ Dockerfileを元に必要なライブラリや環境変数もまとめ てパッケージング ○ パッケージングしたコンテナ仮想環境を実行&テスト& デプロイ Dockerfileでインフラをコードとして扱える
  7. 7. 何を解決するの? ● コンテナ仮想化 ○ ビルドもデプロイも高速 ○ オーバーヘッドが少ない ○ プラットフォームやハードウェアからの隔離環境 ○ ラップトップで動いているものをそのままサーバーに持っ ていける 問題が起きても、本番と同一のコンテナを手元で動かせ、shellで 入れるため再現性が高い
  8. 8. 何を解決するの? ● ロールバック ○ すべてのコンテナには固有IDがある ○ Dockerfileの行ごとにコンテナIDが作られる ○ 全てのコンテナは親からの差分保存 ○ gitのように失敗した時点に戻ってやりなおせる ○ アプリケーション、DB、ネイティブツールをコンテナ単位 に疎結合に 依存関係ごとバージョン切り替え&ロールバック
  9. 9. 何を解決するの? ● VMと何が違うのか ○ Dockerfileでインフラをコードにできる ○ ゲストOSがなく、カーネルを共有しているためオーバー ヘッドが少ない ○ 過去の成功分は再実行しないため、テストやCIも高速 ○ Dockerコンテナ != Linuxコンテナ
  10. 10. VM vs コンテナ Image by docker document
  11. 11. コンテナ? Image by nromagna
  12. 12. ハイレベルから見たコンテナ ● 軽量VM ○ プロセス隔離空間 ○ ネットワーク隔離空間 ○ リソース分離:CPU, メモリのcgroupsによる制御 ○ ルートとして実行できる ○ コピーオンライト ○ ログはすべてstdout/stderr/stdin
  13. 13. ローレベルから見たコンテナ ● chrootの強化版 ○ 1コンテナ=1プロセス ○ カーネルをホストと共有している ○ エミュレーションがない ■ VMでもないし準仮想化でもない ○ cgroupsによるリソース制限
  14. 14. Devにとってのコンテナ ● コンテナ内だけを気にすればよい ○ アプリケーションのコード ○ アプリケーションの依存ライブラ リ ○ パッケージマネージャー ○ ネイティブアプリ ○ データ Image by hisashi_0802
  15. 15. Opsにとってのコンテナ ● コンテナ外だけを気にすればよい ○ ログ ○ リモートアクセス ○ ネットワーク設定 ○ リソースモニタリング Image by グッ写/GATAGS
  16. 16. Dockerfile? ● OSのスクラッチイメージからアプリケーションが動作するまでを 書いたコード ● Dockerは、ビルド時にDockerfileの1行ごとにコンテナを作り、 sha1ハッシュのコンテナIDを割り当てる ● コンテナは常に親コンテナからの差分の積み上げ ● Dockerfileの一部を変えても、成功部分は実行しないため、テ ストやCIが非常に高速になる
  17. 17. FROM ubuntu:12.04 # Pull base image. RUN apt-get update RUN apt-get apt-get install -y redis-server -- no-install-recommends # Install redis. RUN apt-get clean && rm -rf /var/cache/apt/archives/* /var/lib/apt/lists/* EXPOSE 80 # Expose ports. ENTRYPOINT ["/usr/bin/redis-server"] # Define default command.
  18. 18. AUFS? ● コピーオンライト ○ 変更が発生したら初めて保存 ● レイヤー構造のファイルシステム ● 親コンテナからの差分のみを保存していく ● 差分こそDockerのキモ
  19. 19. コピーオンライト+AUFS? ● ルートファイルシステムはコピーオンライトで作られる ● もし、1GBのゲストOSを10個動かそうとした場合に使用する ディスクスペースは・・・? ○ VM: 10GB ○ Docker: 1GB ● 高速デプロイ、省メモリ、省ディスクスペース
  20. 20. AUFS? Image by docker document
  21. 21. AUFS? Image by docker document
  22. 22. AUFS? Image by docker document
  23. 23. AUFS? Image by docker document
  24. 24. デモ ● https://asciinema.org/a/7392
  25. 25. 制約 ● Linuxでしか動かない ● Linux カーネル3.8以降 ● 64bitマシンのみ ● 運用面, securityの課題 Image by Docker blog
  26. 26. まとめ ● Dockerならディスクスペースを抑えつつ仮想化できるよ ○ 固めて、積み上げて、配信して、切り替える ○ コピーオンライトによる差分 ○ どのコンテナにもshellで入って再現できる ● アプリケーションのお試しや配布が手軽にできる ● プライベートなPaaS ● 自動テストやCI ● 1日に数十回のデプロイ ● 中央集権型から分散型へ ○ CoreOS, etcd, Serf, HAProxy, SkyDNS Image by Docker blog
  27. 27. Docker 0.9概要 ● execution driversにより、足回りが 抽象化された ● 多数の隔離ツールがトレードオフとと もに利用できるようになった。ドライ バは絶賛開発中 ● OpenVZ, systemd-nspawn, libvirt- lxc, libvirt-sandbox, qemu/kvm, BSD Jails, Solaris Zones, chroot Image by docker blog
  28. 28. Docker 0.9概要 ● バグ修正多数 ● docker build 時に--rmがデフォルトになった ● libcontainerがデフォルトのドライバとなった ○ Pure Go-langで書かれたユーザーランドパッケージに 依存しない隔離ライブラリ ○ = lxcは必須じゃなくなった
  29. 29. Docker 0.9概要 Image by Docker blog
  30. 30. Docker 0.10概要 ● バグ修正多数 ● 品質向上とシステム管理者向けのアップデート ○ シグナルハンドリング修正 ○ TLS認証サポート ○ sytemdプラグインサポート
  31. 31. Docker 1.0の目標 ● プロダクション品質 ● すべての主要なOSでのファーストクラスのサポート ● 小さなコアと安定したプラグインというアーキテクチャ ● 十分なドキュメント ● Dockerとパートナーによって、商用サポートができること ● Dockerの長期的なサポートを提供 Image by Docker blog
  32. 32. 補足 ● Facebookグループを作ったので良かったら入ってください ● https://www.facebook. com/groups/237393613114175/ Image by Docker blog
  • ssuserb9447d

    Dec. 5, 2018
  • tominagakazuki

    Sep. 20, 2017
  • MiTsuka1

    Jul. 12, 2017
  • xiangtai

    Jul. 4, 2017
  • YukihikoHashimoto

    Apr. 25, 2017
  • HirokiNakamura5

    Dec. 26, 2016
  • ParkHyunwook

    Dec. 16, 2016
  • kenshisasazaki5

    Nov. 8, 2016
  • sevenroom

    Sep. 15, 2016
  • YuuHasegawa

    Sep. 14, 2016
  • ToruNishiura

    Jul. 12, 2016
  • NaokiTomii

    Jun. 15, 2016
  • kentaurano0714

    Jun. 4, 2016
  • yumios

    May. 4, 2016
  • kauji0522

    Feb. 28, 2016
  • 794

    Feb. 20, 2016
  • harutakazuhiro

    Feb. 19, 2016
  • izuno

    Feb. 13, 2016
  • Mokeshi

    Jan. 3, 2016
  • tubone24

    Dec. 30, 2015

Views

Total views

199,413

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

168,302

Actions

Downloads

330

Shares

0

Comments

0

Likes

128

×